« スマトラ沖地震におけるコーヒー生産の影響 | トップページ | イヴォアール(南大通り6丁目) »

2005.01.19

わたしはコンシェルジュ「けっしてnoとは言えない」職業

コンシェルジュという職業をご存知ですか?
ホテルのロビーの片隅においてある小さなデスク。
それがコンシェルジュ・デスクです。

ホテルをよく利用される方はご存知かと思いますが、私自身聞いた
ことはあってもどのようなサービスをする職業か正直言って知りませ
んでした。

コンシェルジュ(concierge)とは、フランス語で「守衛・門番・管理人」
という意味があるそうです。

昔、『ホテル』というドラマで高島兄弟の弟政伸が主演で、いつもホテ
ルで事件が起きました。「姉さん、大変です」って言うんだけど、姉さ
ん役の人っていたんでしょうか?

おっと、話が逸れてしまいました。

わたしはコンシェルジュ「けっしてnoとは言えない」職業
著者は、ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルのヘッドコンシェルジュをなされています。

コンシェルジュの仕事はレストランの案内、航空券、レンタカーの
手配、旅行のプランニング、ビジネス文書の作成などなど。ホテル
のよろず承り係という感じです。

依頼される内容ときたら、
◆刺青屋の紹介
◆タイまで金魚を運ぶ方法
◆苗字だけしか分からない人の人探し
◆入手が難しいチケットの手配
◆投網を買いたい
・・・・
なんでホテルに来てまでこんな依頼するの?と思うくらい様々な要求
が来るのですが、こんな要求もプロのコンシェルジュがいれば相当頼
りになります。
なぜかと言うと、コンシェルジュの人脈ですべて解決できるからです。
コンシェルジュが解決できないことはすべてその人脈からどこへ連絡
すれば、最善の情報を得られるかをコンシェルジュ自身に蓄積されて
いるからです。

休日などもそのための人脈を作るための行動はゆるぎなく行っている
のです。サラリーマン的な休日の過ごし方では勤まらないですね。

サービス業をなされている方はこういうことに気配りしているんだ~
ということが分かります。
◆30分ルール(一つの依頼のお待たせ時間)
◆3分ルール(混雑時の客への3分お待ちくださいの気配り)

結構、このような気配りがないためイライラすることって結構あります
よね。著者はホテルでのこのようなサービスをラテン語由来のホスタ
ピリティと呼んでいますが、確かにホスタピリティのほうがホスピタル
(病院)、ホスピス(ホテルの原形)の言葉のイメージからするとピッ
タリくるようです。

あっというまに読んでしまいましたが、ホテルに行ったときはコンシェ
ルジュの姿を探して、依頼の一つでも頼んでみようかなと思わせる
本でした。

コーヒー豆 通販 いつもコーヒー

|

« スマトラ沖地震におけるコーヒー生産の影響 | トップページ | イヴォアール(南大通り6丁目) »

LIFE/BOOK」カテゴリの記事

コメント

なるほど...
で、彼に何を頼んだらいいんでしょうか?((^^;)

投稿: KINTA | 2005.01.20 14:46

本当にそのホテルで困ったことが起こらないと
何を頼むか想像しずらいですね。コンシェルジ
ュのいるホテルには年1回泊まるか泊まらない
かなので余計イメージが出てこないです。

私ならよく現地のうまいものを目指すのが楽しみ
なので、やっぱり食事の場所の予約とか案内とか
ぐらいですね。
在り来たりのことしか浮かばないですね~

投稿: マウンテンストン | 2005.01.20 23:34

昨年3月にソウルに旅行でいったんですが、ホテル名は忘れましたが大きなホテルで、そのコンシェルジ
ュのディスクがロビーの端っこにありましたね。やっぱ、飲み屋さんとか食べ物屋さんを聞くしか思い浮かばないですよね....(-。-)ボソッ
はっ!コーヒーのうまいとこを聞けばよかった(^^;

投稿: KINTA | 2005.01.21 19:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54372/2634208

この記事へのトラックバック一覧です: わたしはコンシェルジュ「けっしてnoとは言えない」職業:

« スマトラ沖地震におけるコーヒー生産の影響 | トップページ | イヴォアール(南大通り6丁目) »