« ミル掃除ブラシをノルガーベル札幌にて購入する | トップページ | 自作ネルドリップの設計図 »

2005.10.31

コーノ式とハリオ式の透過型ドリッパーを比較・検証する

2つのドリッパーの違いが分かるでしょうか?
上の写真がコーノ式で、下がハリオ式です。

コーノ式のリブは途中までしかなく、ハリオ式は上部まで
伸びています。
ハリオ式のリブはトルネードで巻き上げ、さらに上部では
リブ本数を倍増させています。
【コーノ式ドリッパー】
KONO
【ハリオ式ドリッパー】
HARIO

何度か使ってみましたので感想を2,3紹介します。

◆コーノ式、ハリオ式も粉の量が20g程度までの
ドリッパーの底部で抽出が足りるような場合は違いが出てこない。
粉の量がある程度多く、注湯もドリッパーの上部まで
来るようなケースで違いが出てくると思われます。

以下、ドリッパーのサイズは1~2杯用とし、30g程度の
粉を使った条件での感想。

◆ハリオ式はドリッパー上部のリブのせいで、
ペーパーとドリッパーの間に空気の抜け道が出来ている。
そのため、お湯の通りが良く、落としたお湯の速度に
ストレートに反応してドリップされる。

◆コーノ式はドリッパー上部のリブが無いため、ペーパーと
ドリッパーが密着して空気の逃げ場がない。そのため、ハリオ式と
比較するとお湯の速度に即座に反応しない。
抽出の後半も、じっくりと抽出することができるとも言えるかも。。。

どちらの方式が良いという判断はできませんし、
使い分けるような真似もできません。
しかし、ハリオから発売は、これから珈琲を始めようとする人に
とっては透過抽出の敷居を低くすることに貢献しているのだと
思います。

ドリッパー、ペーパーともにどこでも手に入りやすく
なっていますからね。

参考になりましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

<< 2009.6.22 追記 >>
コーノ式とカリタ式の比較記事をupしています。
ドリップコーヒーの抽出のし易さをコーノ式とカリタ式で比較する

コーヒー豆 通販 いつもコーヒー

---

ハワイ島カウ地区へのコーヒー農園視察ツアーを参加者を募集開始しました。

カウコーヒー農園視察ツアー

 

|

« ミル掃除ブラシをノルガーベル札幌にて購入する | トップページ | 自作ネルドリップの設計図 »

ペーパードリップ」カテゴリの記事

コーヒーライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54372/6795587

この記事へのトラックバック一覧です: コーノ式とハリオ式の透過型ドリッパーを比較・検証する:

« ミル掃除ブラシをノルガーベル札幌にて購入する | トップページ | 自作ネルドリップの設計図 »