« ドリップコーヒーの抽出のし易さをコーノ式とカリタ式で比較する | トップページ | コーヒー関連拾い読み 2009.6.24 »

2009.06.23

カフェプレス(コーヒープレス)に代わる穴あけペーパードリップ法

カフェプレスの粉っぽさは”イマイチ”だな~。と思っている方への朗報です。

※カフェプレスはコーヒープレス、フレンチプレス、単にプレスとも言います。

ブログ、「コーヒードリームプロジェクト(仮称) チームカフェ夢物語」

さんからペーパーに小さな穴をあける方法が紹介されています。

ゴールドフィルター、プレスのおいしさそのままに微粉が出ないドリップ法

これがベストな抽出法(かも)|穴あけペーパードリップ法

 

その昔コーヒー豆を粉砕してボイルし、その上澄みを飲むという方法がありました。しかし、この方法ではコーヒー成分の良いところも悪いところもすべて出てしまい、結局あまり美味しくない。

飲み口がクリアーでかつ濃厚さも得たいために抽出方法はどんどん進化してきました。

コーヒー抽出の進化

カフェプレス、サイフォンは浸漬(しんし)法の代表的な入れかたになります。ペーパードリップはメリタ、カリタ、コーノ式などがありますが、浸漬(しんし)法ならメリタ、透過(とうか)法ならカリタ、コーノ式などに分類されます。

ここで紹介されている”穴あけペーパードリップ法”は、透過法+浸漬法の併用となると思われます。

 

ペーパーに小さな穴をあけて普通に抽出するだけで、カフェプレスと同じエキス100%のコーヒーが穴からカップに混ざりこみ、濃厚な味わいになるというわけです。

それでいてカフェプレスのような粉っぽさもない。

 

私自身何度か挑戦してみましたが、若干ペーパーに穴をあける際の大きさや数も調整の必要があります。またコーヒー粉のメッシュサイズによっても濃厚さを実感する程度が変ってきます。今日はコーヒーオイルのしっかり乗った濃厚なコーヒーを飲みたいというときはこの方法を思い出してやってみるのはいかがでしょうか。

カフェプレスの道具を持っていないという人にもちょっとした擬似体験となります。

<<関連記事>>

カフェプレス(コーヒープレス)の入れ方

カフェプレス(コーヒープレス)でミルクフォームを作る

茶漉しカフェプレス(コーヒープレス)の入れ方

コーヒー豆 通販 いつもコーヒー

|

« ドリップコーヒーの抽出のし易さをコーノ式とカリタ式で比較する | トップページ | コーヒー関連拾い読み 2009.6.24 »

カフェプレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドリップコーヒーの抽出のし易さをコーノ式とカリタ式で比較する | トップページ | コーヒー関連拾い読み 2009.6.24 »