« 【ナイスカットミル(カリタ製)】のご案内 | トップページ | 新たな生豆が入荷しました »

2010.02.17

<季節のコーヒー>春ブレンドのイメージ作り

もう2月も中盤です。2月は日数が少ない為にあっというまに終わってしまい、何か損をしてしまっているような月です。

いつもコーヒーのSpring

もう少しで【冬ブレンド】が終了するので次の【春ブレンド】を考えています。今年から<季節のコーヒー>として春夏秋冬を感じさせる創作コーヒーをご提供する予定です。

今年の雪祭りには実現できませんでしたが、北海道ならではの<雪の祭典>にも相応しいコーヒーも作りたいと思っています。

 

現在販売中の【冬ブレンド】を作るときもそうだったのですが、季節をイメージして、さらにコーヒーの味へ反映するにはとても時間を要する仕事になります。

 

例えば今ホットな【冬ブレンド】ではどうだったかというと。

 

北海道の冬の季節のイメージとしては、毎日の気温が零下で寒く、屋外での仕事、スキー遊びなどで体が凍えてしまいます。

そのような時、家に帰ってきて熱いコーヒーで包み込まれるように温まりたい、ほっこりとしたいなんてのをイメージしました。

子供のときに雪に戯れた森林などもイメージしていましたね。

それも暴風雪(ブリザード)の中、夢中でソリ遊びしていたことなどもね。

 

そのイメージからコーヒーの味へと展開していくわけです。

そうすると甘い香りで気分を落ち着かせ、冷えた体に刺激を与えるぐらいのボディ感がほしい。それでいてスッキリとしたアフターテイストにしたい。何てことをアレコレと考えるわけです。

 

そこからは具体的なコーヒーの銘柄の選択に入っていきます。

今販売しているコーヒーそして過去に焙煎したコーヒーの銘柄の香味を一つ一つ思い起こし、思い出せなければ数年前のノートを引っ張り出しながらメインにしていくコーヒーを決定していきます。

そして手持ちのコーヒーがなければ生豆の仕入れまで行います。

この時点でブレンドする銘柄を3、4種類まで絞り込まれています。

さらに、ブレンドする比率・焙煎度合いを数パターン、多いときは10パターンほど机上で検討します。

コーヒー屋としてはここが結構楽しい場面だと思います。

 

ここから先は机上で検討したネタを元に実際に焙煎してテイスティングしていくことになります。

実際のところ、机上で考えていた結果とのズレが出てきますから配合・焙煎度合いパターンを柔軟に変更していきます。

ここはシビアな結果を出さなければならない場面ですのでコーヒー屋としてはとてもつらくもあり完成したときの喜びも大きい仕事だと思います。

 

その結果として今の【冬ブレンド ブリザード】が出来上がっています。

街のコーヒー屋さんもこのようなことを何十年とやってきているわけですからとても頭が下がる思いです。

 

さて、【春ブレンド】はどんなイメージでいきましょうか?

<華やかな>イメージにしたいなと漠然と考え、ケニヤを物色中です。

それから【春ブレンド △△△△】の△も考えないとね。

|

« 【ナイスカットミル(カリタ製)】のご案内 | トップページ | 新たな生豆が入荷しました »

SHOPインフォメーション」カテゴリの記事

コーヒーライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【ナイスカットミル(カリタ製)】のご案内 | トップページ | 新たな生豆が入荷しました »