« ここ3ヶ月の人気記事TOP20 その2 | トップページ | 【コーノ式単品2人用ドリッパー】を再入荷いたします »

2010.03.16

【ケニア カンゴチョ農協】のご案内

札幌地方は2,3日の間、春の嵐のようでした。

≪3月はライオンのようにやって来て、羊のように去っていく≫の言葉通り、気温も上昇して羊のように去っていく今日です。

さて、新豆【ケニア カンゴチョ農協】のご案内です。

ケニアカンゴチョ農協

2月の記事 でアルミ真空パックで包装することでフレッシュな状態で輸入されることを書いていました。焙煎した味もフレッシュです!

どの焙煎段階でいくか時間がかかりましたが、浅煎りの【ケニア カンゴチョ農協】を販売開始します。

ケニアのコーヒーは世界のコーヒー取引で≪コロンビアマイルド≫と呼ばれ、特別な扱いがされています。

※コロンビアマイルド
コロンビア・タンザニア・ケニアの3ヶ国のアラビカ種コーヒーのことです。
他の国のアラビカ種コーヒーを「アザー・マイルド」と呼びます。

栽培品種はSL28・SL34を使用しています。

聞きなれない品種ですが・・・

SL28:干ばつに強い品種
SL34:高地栽培に適した品種

いずれもケニアで開発された品種で、SLとは首都ナイロビにある研究機関「スコットラボラトリー」の略称を使っているんですね~。

精製方法、品種による違いが見えてくると本当に楽しいものでワクワクしてきます。

 

浅煎り、中深煎り、深煎りの3パターンで焙煎しましたが、いずれも素晴らしい香味ですので焙煎するのが楽しくなります。

第一弾として、今回は≪浅煎り≫をお出しできることになりました。

浅煎りの香味はしっかりとしたコクに、シトラス系の爽やかな酸に特徴があります。驚きましたが、ギューっと凝縮された美味しさが口の中ではじけるような感覚でした。

いつもコーヒーでご提供するロースト段階については、こちらをご確認ください。

200g、400g、500gの購入量によって最大10%OFFする

価格となっていますのでぜひご利用ください。

400gまではメール便でも対応いたしております。いつもコーヒーネットショップ

|

« ここ3ヶ月の人気記事TOP20 その2 | トップページ | 【コーノ式単品2人用ドリッパー】を再入荷いたします »

SHOPインフォメーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ここ3ヶ月の人気記事TOP20 その2 | トップページ | 【コーノ式単品2人用ドリッパー】を再入荷いたします »