« グァテマラ エル・インヘルト農園の入荷お知らせ | トップページ | お中元コーヒーギフトのご案内 »

2010.06.24

それとなくコーヒー屋とわかるディスプレイ

「いつもコーヒー」はケーキショップを除き店舗販売していないので看板も立てていません。その代わりに、それとなくコーヒー屋とわかるディスプレイを玄関先に置いています。
玄関先のコーヒー

使い古された寅さんかばんの上に、その昔は活躍したであろう一升枡と一合枡に生豆、焙煎豆を入れてディスプレーされています。ほんの限られた友人とコーヒー関係者をお迎えしています。これがあれば誰でもコーヒー屋に来たとわかるだろうというわけです。

気温が低い5月までは感じられなったのですが、最近気温の上昇とともにコーヒー豆から大量の香りが出てきたようです。古い豆ですから新鮮なコーヒーの香りではありませんが、コーヒーとは思えない甘い香りに包まれています。

香りとともに気分を和らげてもらえればと思っています。

コーヒー豆 通販 いつもコーヒー

 

|

« グァテマラ エル・インヘルト農園の入荷お知らせ | トップページ | お中元コーヒーギフトのご案内 »

SHOPインフォメーション」カテゴリの記事

コーヒーライフ」カテゴリの記事

コメント

古民家ならぬ、古枡が良いですね。

私も、物心が付いた子供の頃、母が米びつからこんな四角い枡でお米を計って、ご飯を炊いていた事を思い出しました。 電気釜など無い時代、大きなご飯釜に分厚い下駄のような木のフタが付いた物。ホンワカ懐かしい記憶です。

投稿: fieldplan | 2010.06.25 09:02

fieldplan さん
懐かしいでしょう。私も子供の頃はよく米やら、大豆、小豆など計らせられました。大豆は直接豆腐屋に持っていくと豆腐と交換してくれるというお店がありました。今はそのようなお店ないんでしょうね。

投稿: 管理人 | 2010.06.25 09:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« グァテマラ エル・インヘルト農園の入荷お知らせ | トップページ | お中元コーヒーギフトのご案内 »