« 2012年下期コーヒー本総括(カフェインテリア・デザイン編 | トップページ | 本質的な良いコーヒーの基準とは? »

2013.02.17

ハンドメイド・コーヒーノートのご紹介

バレンタインデーも終わりましたね。

それにしても最近のチョコレートは海外から入ったものも含めお高いチョコが勢ぞろいですね。2極化しているとも聞きますが高級品志向が高まっているのでしょうか?

コーヒーノート

時代はカカオと砂糖だけで作られたチョコそのものの味を競うというのではなく、チョコとフィリングと言われる詰め物の組み合わせで新しい食感や味の発見へと移行しているように見えます。

ま、素人目から見てのことですけどね。

ローストマスターからするともっとチョコそのものの研究に徹してカロリーが低く体にも優しいチョコが出てほしいと感じます。

さて《いつもコーヒー》オリジナルのハンドメイド・コーヒーノートが完成し発売となりました。

コーヒーノート

ローストマスターは焙煎時に大事なデータを記録しています。そのほか新入荷を決定するためのテースティング結果だったり、出荷内容だったりとノートに書かれる内容は様々。

そんな記録を取る為のノートからローストマスターも使えてさらにコーヒーに興味のある方へ向けたノートが作れないかと考えて紙作家さんに製作をお願いし、一つ一つミシン掛けで縫った心のこもったノートになりました。

表紙のマークは当店《いつもコーヒー》の英語ロゴになります。裏にはローストマスターの2つの言葉が書かれています。それはご購入いただいてからのお楽しみということで。。。

中身は「書籍用紙」という 手触りのあるクリーム色の紙を使っています。

コーヒーに関する日記もよし、単なるメモも良しと使い方はあなた次第です。

ぜひ手にとって使ってみてください。

|

« 2012年下期コーヒー本総括(カフェインテリア・デザイン編 | トップページ | 本質的な良いコーヒーの基準とは? »

SHOPインフォメーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2012年下期コーヒー本総括(カフェインテリア・デザイン編 | トップページ | 本質的な良いコーヒーの基準とは? »