« モエレサマーフェスティバル2013 | トップページ | 「いつもコーヒー便り」8月号を公開しました »

2013.07.30

タンザニアの入荷

タンザニア、当店での商品名は「キリマン・アデラ」。入荷しました。

タンザニア

最近のコーヒー生豆は写真の通り麻袋に直接豆を詰めるのではなく一旦ビニール袋に入れてから麻袋に詰めて輸出されるようです。タンザニアに限らず多く見るようになりました。

数年前のエチオピアコーヒーの残留農薬事件に端を発しての防衛策と思われます。

コーヒー豆はコーヒー単独で現地国から輸出されるものではありません。例えば船便のコンテナには出荷国の様々な野菜や果物などの生鮮物と同居する場合もあります。単独のコンテナにコーヒーばかり詰め込まれたとしても直前まで生鮮物のコンテナとして使われているケースもあるでしょう。

ご存知の通り多くの場合、外国から輸入する生鮮物には輸送中の害虫発生を抑止するために農薬が使われます。(※収穫後の農薬使用をポストハーベストと呼びます)

そのような状況からコーヒー豆を守る為、ビニールで覆う対策となっているのです。

日本国内で生産されるお茶や野菜・果物の残留農薬濃度より輸入のコーヒー生豆が数十倍~数百倍のより厳しい数値をクリアしたものが市場に出ていますのでほぼ安全といえます。日本では輸入のコーヒー豆をより厳しい基準で検査しています。

---

FMノースウェーブアニバーサリーブレンド

いつもコーヒー便り

|

« モエレサマーフェスティバル2013 | トップページ | 「いつもコーヒー便り」8月号を公開しました »

SHOPインフォメーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モエレサマーフェスティバル2013 | トップページ | 「いつもコーヒー便り」8月号を公開しました »