« 久々にミュージカルへ(劇団四季 | トップページ | OpenSSLの脆弱性(ぜいじゃくせい)への対応について »

2014.04.21

月兎印のコーヒーポットのご案内

野田琺瑯社製のコーヒーポットのご案内です。

もちろんMadeInJapanです。

月兎印ブランドですでにご存知の方もいるかと思いますが、家庭用のボール ・ バット・カップなどさまざまな琺瑯製品があります。

月兎印のスリムポット

月兎って読めますか?普通に読むと「つきうさぎ」です。愛称としては「ゲット」と呼ばれているそうです。

今回ご紹介するコーヒーポットは一つ一つ手作りで製造されるとても貴重なものなのです。

琺瑯とは。。。ウィキペディアより
---
琺瑯(ほうろう、英: vitreous enamel、米: porcelain enamel)は、鉄、アルミニウムなどの金属材料表面にシリカ(二酸化ケイ素)を主成分とするガラス質の釉薬を高温で焼き付けたもの。
---

家庭用品として琺瑯製品が浸透しているのは様々なメリットがあるからです。

・耐食性(腐食に強い)

・対摩耗性(すりへらない)

・非吸着性(臭いがつかない)

・錆びない

などなど。

デメリットは強い衝撃でぶつけたりすると表面の琺瑯が欠けて金属部分が露出することでその部分が錆びることです。

丁寧な使い方をすれば2世代、3世代と使えるものです。

ハンドドリップに最適な注ぎ口(写真の注ぎ口の先端をご確認ください)となっていますから、上手にコーヒー粉にお湯をタッチさせることができる優れものなのです。

ぜひこのコーヒットで抽出が上手になってほしいと思います。

---

いつもコーヒー便り

|

« 久々にミュージカルへ(劇団四季 | トップページ | OpenSSLの脆弱性(ぜいじゃくせい)への対応について »

SHOPインフォメーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久々にミュージカルへ(劇団四季 | トップページ | OpenSSLの脆弱性(ぜいじゃくせい)への対応について »