« カフェ巡礼(石の蔵ぎゃらりいはやし) | トップページ | 焙煎レシピ(短時間焙煎)その1 3段階の火力調整の計画編 »

2004.10.11

お客様第一号にコーヒーメーカーでご馳走

札幌はすでに秋の真っ盛り。中旬になると市内でも紅葉が美しくなる。
秋の空間を玄関先で硝子越しに撮影してみた。
DSCN0321.JPG
子供の保育園時代からお付き合いしているご夫婦がいる。
今日は近くのドームでフリーマーケットが開かれ、そこへ出展しているということでお子さん二人を自宅にあずかった。
夕方、ご夫婦してお子さんを迎えに来てもらった際に、自分が焙煎した珈琲豆でもてなした。
先週から子供が遊びに来ることを聞いていたので、あらかじめモカマタリ#9とガテマラを準備していた。ロースト具合は、得意のフルシティローストであった。

客商売ではないので、お客様第一号もないのだが、他人に自分が焙煎した豆で珈琲を淹れてあげること自体初めてだ。悪く言うと実験台といってもいいかも知れない。

いつも使っているグラインダーとコーヒーメーカーで淹れたが、目の前でじっと見られながら淹れるのはちょっと照れくさい。コーヒーメーカーで抽出中にカップの準備などをしながら豆と焙煎の能書きを軽く説明。

ご夫婦二人ともおいしいとは言ってくれているが、今は社交辞令と思ってしか聞けない。
珈琲には興味があるようで、焙煎機を見せると二人も珍しそうに見て、質問をたくさんしてきた。

帰り際、この豆はこれからもっと芳醇になっておいしくなりますよ!次回来たらネルドリップでサービスしますよ!と宣伝してお別れした。

今日は人前で淹れるカフェのマスター気分を少し味わった。

コーヒー豆 通販 いつもコーヒー

|

« カフェ巡礼(石の蔵ぎゃらりいはやし) | トップページ | 焙煎レシピ(短時間焙煎)その1 3段階の火力調整の計画編 »

コーヒーライフ」カテゴリの記事

コメント

決して社交辞令ではないと思います。新鮮なコーヒー豆で淹れたうまさは、誰にでもわかりやすいですから。特に焙煎して日が浅い場合の「香ばしさ」などは。
その先になると、個人差が出てくると思いますが。

でも、コーヒーメーカーにしたのは正解だと思います。ドリップの場合、じっと見られると緊張して失敗する恐れもありますから。

最近、抽出の難しさを痛感しています。

投稿: supermak | 2004.10.11 18:22

コメントありがとうございました。
焙煎仲間になりにきました。

初めて人様にコーヒーを飲んでいただくときって、とてもドキドキしますよね。
私は わざわざ席を立っていない振りをして、どきどきしながら密かに聞き耳を立てる なんてことをやってました^^;

投稿: あんじゅ | 2004.10.12 18:08

supermak さん
昨日ネルドリップを久々にやってみました。いつもの粉の量、粒度でドリップしたのですが、苦味ばっかり強くて完全な失敗でした。
コーヒーメーカーでやるといつもの味に。
ドリップで提供するのはもう少し調整してからとなりそうです。

あんじゅ さん
一挙手一投足を見られているようでドキドキしてしまいました。
焙煎仲間が増えてうれしい限りです。
これからもよろしくお願いします。

投稿: 管理者(マウンテンストン) | 2004.10.13 10:01

抽出するのって難しいでしょう?抽出がうまくできないと焙煎や良い豆の判断もできないから、一番最初の難関と思っています。

生意気かもしれませんが、私の経験から言うと、お湯の落とし方が早いと苦くなるみたいですね。ネルドリップするプロの手元を見ていると、最初の1分ぐらいは雫というか、ポタリポタリと本当にゆっくりですからね。

今はコーノ式のドリップをホリグチで教えてもらって、練習中です。一人分はうまくできるようになったんですが、二人分になると味が変わってしまうんです。^_^;

投稿: supermak | 2004.10.13 16:26

確かに人前で淹れるのって恥ずかしいですよね。興味や関心のある人は手元からじっと見てますからね。その視線が痛いほど突き刺さります。でもね、見られてることが快感に変わってきますよ。たぶん...

投稿: KINTA | 2004.10.14 11:57

快感。そのような日が来るかもしれませんね。
ちょっと違う快感かも知れませんが、歌手とか俳優なんかは聴衆・観衆に注目されるのがおそらく快感なのかなと思います。

全然関係ありませんが、カラオケでは酔っ払いに行け行けと囃したてられますが、誰も注目もしないし聞いてもいませんね。
でも歌が始まってしまうとなぜか自己満足の快感に浸るのでした。

投稿: 管理者(マウンテンストン) | 2004.10.14 22:34

初めまして!コメント頂きありがとうございました。

焙煎したての豆・・飲ませて頂いたら嬉しいだろうな〜
お世辞でなくて,きっと美味しいはずですよ!

ドリップの技術ももちろんなの重要なのだと思いますが、焙煎したての豆を飲む様になってから(買った物ですが)焙煎の重要性を心から感じます。
自分で焙煎できたらさぞ嬉しいだろうなあ・・と本当に羨ましいです。

それから、人が見てると照れますね。
私の場合、ドリップは気を抜いていれるのもダメなんですが、美味しいのを飲ませたいと気合いが入るのもダメみたい。
自分の分だけいれるのが一番まともだったりして・・(笑)

投稿: pisa | 2004.10.15 18:39

恥ずかしいほど緊張する...
じつは、これがステージで喝采を浴びるスタートだそうです。恥ずかしさを克服して、緊張を心地よい響きとして接していけるようになればしめたものです。って、珈琲の話しから大きく反れてしましたね(^^;アハハ

投稿: KINTA | 2004.10.16 10:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お客様第一号にコーヒーメーカーでご馳走:

« カフェ巡礼(石の蔵ぎゃらりいはやし) | トップページ | 焙煎レシピ(短時間焙煎)その1 3段階の火力調整の計画編 »