« 焙煎手順その2 | トップページ | コーヒー豆が3ハゼまで進行するとどうなる? »

2004.10.02

本日の焙煎豆揃い踏み

1週間ぶりの焙煎です。左より
ガテマラ ブルボンパストレス
 中南米系
 欠点豆少なく3%以内。粒は揃っている。
インドネシア トラジャカロシ
 東南アジア系
 豆の背中がつるつるで綺麗です。見た目より欠点豆多く、最大20%程度あると見た。粒は揃っている。
パプアニューギニア AAシグリ
 東南アジア系
 欠点豆少なく3%以内。粒は揃っている。

DSCN0311.JPG

前回の記事の「焙煎手順その1」では、ダブル焙煎をしていると説明したが、今回は香りが飛ぶというダブル焙煎のデメリットを避け、シングル焙煎で行くことにした。

今日の札幌は風が冷たくちょっと強いが、いつもとおり外で焙煎開始。風除けのために焙煎バケツに上にさらにダンボール製のカバーを覆った。にもかかわらず、冷たい風が下から吹き込みコンロの火も消えそうになった。遠赤ネットで火加減を確認したら、いつのまにか中火になったり超弱火になったりと風の影響を受け始めた。
一旦はじめてしまったら止まれません。

最後のAAシグリから車庫で焙煎。いつもとおりの安定した焙煎となった。
これから寒くなり、雪が積もってきたらどこで焙煎やろうか?

次の写真はいずれも2ハゼ後30秒経過で煎り上がりとしたものです。同じ色合いのものはひとつもありませんね。最初の2種類はもろに風に影響を受けてしまったようで、煎りむらが起き、さらによーく見るとクラックした割れ目の焦げも目立ちました。

ガテマラ ブルボンパストレス
DSCN0316.JPG

インドネシア トラジャカロシ
DSCN0317.JPG

パプアニューギニア AAシグリ
DSCN0318.JPG

このページ煎り上がりの豆を見てご意見をください。

コーヒー豆 通販 いつもコーヒー

|

« 焙煎手順その2 | トップページ | コーヒー豆が3ハゼまで進行するとどうなる? »

コーヒーライフ」カテゴリの記事

焙煎は調理だ!!」カテゴリの記事

コメント

見た目では、一番下の焙煎具合がわたしは好きですね...
飲んでみられてどれが一番おいしかったですか?(満足されましたか?)
ガテマラは、脂が浮かびすぎのような気がしますが熱源が風の影響でなびいたので、そのタメでしょうか?

投稿: KINTA | 2004.10.05 11:38

KINTAさんコメントありがとうございます。
記事としてUPしましたのでよければ読んでみてください。

投稿: 管理者(マウンテンストン) | 2004.10.06 11:09

DogShopのTBPeopleにTBするのやめてください。

投稿: MARU | 2005.01.30 19:55

MARUさん
申し訳ありません。意図しないブログに
TBが出てしまいました。

投稿: 管理人 | 2005.01.30 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本日の焙煎豆揃い踏み:

« 焙煎手順その2 | トップページ | コーヒー豆が3ハゼまで進行するとどうなる? »