« 焙煎度合いの8段階 | トップページ | 浅煎り焙煎の味わいを評価する »

2004.11.09

タリーズについて研究する

今日は、タリーズコーヒージャパン松田公太さんの
すべては一杯のコーヒーから」について。

今の私をこのようにコーヒーにハマラせた出会い
がタリーズコーヒーにあった。
以前から自家焙煎店、ドトール、スタバ、シアトル
ズベストコーヒーなど転々としていたが、タリーズ
のドリップコーヒー「モカジャヴァ」を飲んでから、
飲み歩きに終止符が打たれた。

それ以来、タリーズの焙煎豆を購入しては味見を
してきたが、その後、自家焙煎への挑戦へと繋が
ってきたのである。

それにしても彼の行動力には頭が下がる。
三和銀行を6年で退職し、タリーズコーヒージャパ
ン立ち上げ、短期間で上場企業にまでステップア
ップした創始者のブランド志向への思いが伝わっ
てくる。

しかし、タリーズを日本に立ち上げるビジネスとし
ての情熱は感じられるものの、コーヒー自体への
情熱はあまり感じられない。

というのも、友人の結婚式でアメリカへ行った時に
スペシャリティーコーヒーに出会うのだが、その後
の行動は速攻で米タリーズとの直接交渉となる。
子供の頃から海外生活で身についた独立精神と
いつか起業するとの思いで常にアンテナを張って
いたようだが、なぜコーヒーなの?性急過ぎない
?と素朴な疑問とコーヒー自体への情熱の物足
りなさを感じる。

彼の中では最も美味しいコーヒーであったことは
事実としても、そこから即座に行動を起こすのは
常人では考えられないように思える。
やはりここまで成功する人の勘は鋭いのだろうか?

さらに日本の1号店(銀座)の開店前の2日前に米
タリーズからバリスタを呼んで講習し、半日でドリン
ク類をマスターしたようだが、およそ考えられないく
らいの短時間でマスターしている。
逆にそんなに簡単にマスターできるような商品を
タリーズでは販売しているの?誰が作っても同じ
味が出せる秘密があるの?と疑問に思う。
7、000万の借金の割りに、かなりアバウトに開店
したものだと思う。

その後、頂点を上り詰めたかのようにスターバックス
の先を越してナスダック・ジャパンへの株式上場とな
る。
タリーズは、ビジネスの基本である契約というものを
疎かにしていた付けが後々襲ってくるのだが、それ
も乗り越えて2001年9月に5億円という大金で日
本での焙煎、卸売りの権利を米タリーズから買うこ
とになる。
しかし、日本で焙煎しているという話題は今のところ
聞いていない。(2004年7月時点で)

彼のやり方には驚くことばかりだが、失敗も多い。
つまり考えが深く及ばないことは失敗して経験を
積むしかないが、ここぞというところでは類まれな
スピード感で行動をきっちりとこなしてしまうところ
は、見習うべきと思う。

コーヒー自体への思い入れを感じるところがなか
ったので、自家焙煎をしている自分としてはもっと
語ってほしかった。

次はスターバックス成功物語を読もうと思っている。

コーヒー豆 通販 いつもコーヒー

|

« 焙煎度合いの8段階 | トップページ | 浅煎り焙煎の味わいを評価する »

コーヒーライフ」カテゴリの記事

LIFE/BOOK」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。コメントありがとうございました。ぜひみなさんで情報交換できるようなブログにできたらいいなと思っています。今日ちょっと復習したことをアップしました。またいろいろ教えてください。実際に自家焙煎してるときはそんな知識は関係なくやってるのですが、知識があるといろいろ試しやすいので、続けていろいろ書こうと思っています。またぜひよろしくお願いします。

投稿: kitchenblog | 2004.11.12 19:24

未だ焙煎している時って結構緊張して、
不安だらけです。
知識を増やせるときっともっと
楽しくなると思います。
こちらこそよろしくお願いします。

投稿: 管理者 | 2004.11.13 00:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タリーズについて研究する:

» おいしいコーヒーの焙り方と挽き方 [週刊こころんのキッチン特別号]
今日は、グルメコーヒーと言われるハワイコナの生豆を買ってきました。どんな味なのか楽しみです。 コーヒーを生豆で買うとコーヒーが生鮮食品なんだなと思います。... [続きを読む]

受信: 2004.11.12 19:58

» ブルックスコーヒー [¥?¥?¥?¥?¥?¥???¥???????????]
¥?¥?¥?¥?¥?¥???¥????????????????????¬?¢?????????£?§?????????¬°????¥??????????????... [続きを読む]

受信: 2005.03.26 22:45

« 焙煎度合いの8段階 | トップページ | 浅煎り焙煎の味わいを評価する »