« コーヒーメーカーの湯温はほぼ適正な温度です | トップページ | 焙煎の絵にお父さん感動しました »

2004.11.29

ホワイトイルミネーション2004 トミー館へは行きそこない

20041129-1.JPG

20041129-2.JPG

ある人から教えて頂いたトミー館へ行こうと思って
出かけたのですが、電話すると午後6時で閉店との
こと。どうしてもコーヒーが飲みたかったので、近くの
サッポロコーヒー館ツキサム店へ行ってみました。
3階建ての古い建造物をおしゃれな喫茶店へ改造
されていました。

その後、大通公園へ寄り道してみました。
外気温はかなり下がっていて、カメラを持つ手も
かじかんでうまくシャッターが押せないくらいでした。

それでも子供は関係なく楽しんでいたようでカメラを
横取りして一生懸命に撮っていました。
その中で結構いいのがあったので今回は採用して
みます。

27日が満月だったので若干欠けているのですが
ほぼ満月に見えていました。
テレビ塔の先端斜め上に見えるのが月です。

コーヒー豆 通販 いつもコーヒー

|

« コーヒーメーカーの湯温はほぼ適正な温度です | トップページ | 焙煎の絵にお父さん感動しました »

コーヒーライフ」カテゴリの記事

カフェ巡礼」カテゴリの記事

コメント

お子さん、うまく撮ってますね。撮影の素養があるんでしょう?
ところで、テレビ塔懐かしいです。弟がそのあたりの銀行に勤務してたときに行ったことあるんですよ。
大通公園でやってた露天商から、ぐい飲み二個買ってきたんですが、まだ我が家にあります....

投稿: KINTA | 2004.12.05 07:40

KINTAさん
大して使い方教えていないのにうまく使い
こなすものだと感心させられます。
例連秋には大通り公園でフリーマーケットの
ような店がたくさん出店して賑わっていますね。
もしかしてそれでしょうか?
私も時々利用してます。

投稿: 管理人 | 2004.12.07 00:20

たぶんそのフリーマーケットで買ったものだと思います。
で、子供はもの使い方はすぐ憶えますよね。感心させられますね(@_@)

投稿: KINTA | 2004.12.08 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホワイトイルミネーション2004 トミー館へは行きそこない:

» 画家と自家焙煎珈琲の関係 [中国茶と茶器のチンシャン・ほんわか茶飲み日誌]
人気の自家焙煎珈琲職人、中川ワニさんのご本業は画家です。また、カフェ好きの人のあいだでよく知られる美しいカフェ、札幌の「森彦」のオーナー・市川草介さんは、ご自宅でコーヒーの焙煎をしていますが、本業はグ...... [続きを読む]

受信: 2005.11.11 10:48

« コーヒーメーカーの湯温はほぼ適正な温度です | トップページ | 焙煎の絵にお父さん感動しました »