« 焙煎バケツ-改の作り方と問題点 | トップページ | 湯温70℃で見る抽出の奥深い世界 »

2004.11.02

カフェ巡礼(カフェ ミ カーサ)

小樽市天神1-12-1の『カフェ ミ カーサ』へ足を延ばした。
この店はドミニカ帰りの浜谷さんが経営するカフェだ。
ドミニカ共和国はカリブ海のイスパニョーラ島の右側に位置し、
隣国はハイチである。同じくカリブ海にはドミニカ国があるが
まったく違う国だ。

店内にはハイチの絵が飾られ、コーヒーの木も飾られている。
浜谷さんからこのコーヒーの木は他と違うでしょ?と聞かれたが、
生豆はよく見るが正直言って木は見たことがない。
思ったより背が低い。

今日は、小樽ビーンズワークス社長夫妻とともに訪れた。
早速、ドミニカ・バラオーナ地方メロ農園の珈琲を頂いた。
1番、2番、3番と焙煎度合いが強くなっている。
普段、酸味のある焙煎にはなじみが薄いので浅煎りを
中心に飲んでみた。

浅煎りと言えどしっかりとした苦味とともにさっぱりとする
酸味だ。私の焙煎から比較するとやはり立体感、奥行き
感が全然違う。

帰り際にピーベリーの浅煎り豆を見せてもらうとともに、
その豆をドリップしていただいた。
酸味がフルーツのような味わいだ。中々このような綺麗
な酸味の味には出会うことが出来ないと思う。
この味はピーベリー独特のものか?

今回の『カフェ ミ カーサ』での味比べで浅煎りの美味しさ
を実感した。同じ豆でも焙煎度合いで大きく異なる味わい。
浅煎り焙煎への幅を広げてみたいと思った。

(追記)
珈琲の値段は450円でお代わり自由です。
テーブルに置かれている一口サイズのチョコ
レートを自由に食べられます。

コーヒー豆 通販 いつもコーヒー

|

« 焙煎バケツ-改の作り方と問題点 | トップページ | 湯温70℃で見る抽出の奥深い世界 »

コーヒーライフ」カテゴリの記事

カフェ巡礼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カフェ巡礼(カフェ ミ カーサ):

« 焙煎バケツ-改の作り方と問題点 | トップページ | 湯温70℃で見る抽出の奥深い世界 »