« ロッテの商標「楽天」の申請は違法にならない | トップページ | スターバックスを研究する »

2004.11.21

カップオブエクセレンスの流通について解説する

先日さかもとコーヒーさんより購入した豆にも
カップオブエクセレンスという名前がついていて、
スペシャリティコーヒーとは何ぞや?と疑問が
解決していないうちに、またもや分からない
言葉が出現してきました。

スペシャリティコーヒーよりは分かりやすそうだと思い、
ネット上で調べてみましたが、どこを見てもコピペーし
てきたように一字一句変わらない説明書きです。

どこかで公開された情報をそのまま使っているようです。

このような情報に限らず、生豆の情報なども輸入商社
などで作成したと思われるものを結構そのまま利用し
ているのが多いようです。

情報を掻き集めて自分で理解した範囲で整理してみました。
次の絵は従来の流通形態です。
041121NowCirculation.png

次の絵は、カップオブエクセレンス(COE)を中心として、
ステークホルダー(利害関係者)を配置して、消費者の
メリットまで整理してみました。
急造で作成したので誤りがあるかもしれません。
どういう流れになっているかは分かりやすくなっていると思います。
041121CupOfExcellence.png

カップオブエクセレンスによる流通は、生産者、消費者にとって
恩恵が相当にありそうです。。。
業者にとっては従来の生産国の品質基準からカップ品質へと
選択基準がシフトすることになると思います。

なんと言っても世界の業者が参加できるインターネットオークショ
が無かったら実現し得ない流通方法なのですが、カップオブエ
クセレンスによる流通はほんの一握りの限られた数しかないのです。

追記
今年の残りオークションは12月のボリビアだけとなっています。
それにしても日本勢は上位を取りまくっているようです。

Brazil
 Auction November 18, 2004 済み
 1位落札 Maruyama Coffee for Mikatajuku group
Bolivia
 Auction  2nd December, 2004
Nicaragua
 Auction July 1, 2004 済み
 2位落札 Maruyama Coffee for Mikatajuku group
El Salvador
 Auction June 22, 2004 済み
 2位落札 TOA COFFEE Co.,Ltd.
 4位落札 Maruyama Coffee for Mikatajuku group 
        →Montelar S.A. De C.V. - El Tesoro (50)
Honduras
 Auction July 13, 2004 済み
 1位落札 Maruyama Coffee for Mikatajuku group

コーヒー豆 通販 いつもコーヒー

|

« ロッテの商標「楽天」の申請は違法にならない | トップページ | スターバックスを研究する »

コーヒーライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カップオブエクセレンスの流通について解説する:

« ロッテの商標「楽天」の申請は違法にならない | トップページ | スターバックスを研究する »