« Start of story | トップページ | solar roast coffee »

2008.07.08

ブラジルは遠いか近いか

昨日は北海道庁で開催された「ブラジル移民100周年記念」写真展に行ってきました。

協賛は北海道、JICA、日伯協会など。

道庁に近い大通公園ではG8サミット反対集会とデモ行進が行われ、警察も大量に同行して物々しい様子。上空には監視の目を光らせるヘリが。。。もし、ここでテロが起きたらと、どきどきしながら向かいました。

 

目的はコーヒーを通じてブラジルと何か交流できることはないか、きっかけを作ることはできないか?ということでした。ブラジルへのJICAによる農業支援については、以前の記事ですが参考にしてください。

甦る大地セラード

甦る大地セラード(2)

甦る大地セラード(3)

とても思い込みが激しいころの記事ですが、歴史的な内容は曲げていませんのでご安心を。来年の2009年は北海道からのブラジル移住90周年となるそうで、現地ブラジルでは記念行事を計画しているそうです。

ますます、現地農園で栽培されるコーヒーをこの目で確かめたい気持ちが高まる焙煎人でした。

コーヒー豆 通販 いつもコーヒー

|

« Start of story | トップページ | solar roast coffee »

コーヒーライフ」カテゴリの記事

コメント

昨日、イル様とKミ様学校訪問されました。
それはそれとして・・・
ブラジル行くんでしょうか?いいですね~、太陽と陽気なリズム、そこで育まれる真っ赤なコーヒーの実。なんとも情熱的ですね。
もし行かれるようでしたら、写真館に情熱的な風景の1コマを・・・・

投稿: いたぞう | 2008.07.08 15:08

いたぞうさん
行きたいですね~ブラジル。
何かちょっとした夢でも持ち合わせると
がんばれるかもしれません。
コーヒーが農作物ということを忘れているくらい
不自由なく世の中に出回っているので、ある意味
大量生産できる工業製品のような感覚に陥るとき
があります。
現地の農家に行って、農作物であることを
再認識しないとだめですね。
自戒自戒

投稿: 管理人 | 2008.07.09 02:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラジルは遠いか近いか:

« Start of story | トップページ | solar roast coffee »