« コーヒー関連拾い読み2009.1.21 | トップページ | コーヒー関連拾い読み 2009.1.28 »

2009.01.23

コーヒー・メッシュサイズの法則

本日札幌地方、強風と雨で大荒れ。

気温も高く5℃を越えています。

Dsc_9144_1

昨日行きつけの理髪店向かいのカフェに

久々に行ってみましたが、マスターとゆっくり

お話する時間がとれました。

話題は

コーヒーのメッシュサイズ

 メッシュサイズとはコーヒー豆をミルで粉にする際の粒の

 粒度のことです。

 抽出方法によってメッシュサイズは調整するのが鉄則。

 メッシュサイズが抽出方法に合っていないと、それを

 抽出の段階でリカバリーすることはとてもできません。

 

 私は見た目だけではなく淹れる前に指でつまんでみて、

 そして抽出したあとの粉を触ってみて粒の大きさを

 判断しています。

 慣れてくると指の感触が粒の大きさを覚えてくれます。

 

 カフェのマスターもメッシュサイズ調整で納得した味を

 お店で提供するまでには、相当苦心したようです。

 カップ1杯を香り高く、飽きずに飲み干してもらうにはどの

 メッシュサイズと湯量がベストか?

 ここのカフェのカップはファイヤーキングでお出ししてるので

 抽出量は大目です。

 自分だけで楽しむ場合はどんな結果も受け入れられますが、

 ひとたびお客様に提供するとなると一転します。

 組み合わせはとてもつもなくありますが、こればかりは

 地道に探すしかありません。

 

 先日のエスプレッソマシンによる抽出もそうでした。

 家庭で淹れる場合は、きちんと焙煎されたコーヒー豆を

 適切なメッシュサイズで使う。というのが美味しくでき

 る近道と思います。

 きちんと焙煎された豆なら抽出の七難をほとんど

 吸収してくれるからです。

コーヒー豆 通販 いつもコーヒー

|

« コーヒー関連拾い読み2009.1.21 | トップページ | コーヒー関連拾い読み 2009.1.28 »

コーヒーライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーヒー・メッシュサイズの法則:

« コーヒー関連拾い読み2009.1.21 | トップページ | コーヒー関連拾い読み 2009.1.28 »