« 味を犠牲にしてでも保温性能を取るか多少冷めても味を取るか | トップページ | June Bride(Coffee Of Congratulations) »

2010.06.07

簡単!男の調理 ピクルス作り

すっきりしない天気の札幌地方です。例年今時は夏の日差しがあるんですけど、本当に冷夏なんだと実感してます。野菜の成長も遅れに遅れていると聞きます。思いっきり予想をくつがえす気候になってもらいたいものです。

ピクルスになる野菜

野菜の生育が遅れている北海道ですが、徐々に北海道産の新鮮なものが出てくるようになりました。野菜嫌いの私も好きになったピクルスを作ろうと思い立ち、私の友人である「野菜ソムリエ」の田中さんに依頼して「よくばり野菜セット」を届けてもらいました。季節に応じた新鮮な野菜を宅配サービスしてくれます。

届けられた野菜と一緒に入っていた説明書きを見ると生産者、生産地、農薬使用状況、野菜ソムリエ田中さんからの利用方法など一口コメントがあり、野菜ひとつひとつにストーリーがあるんですね~。読んでいるだけで「さて、今晩は何作ろうか」となるかも。

ピクルスになった野菜 ピクルスのレシピは「あれも、これも、おいしい手作り生活。 」を参考にしてます。難易度レベルは★一つ!!最も簡単なレベルです。誰でも失敗なく作れます。

今回は酢の強烈な匂いが苦手なので多少柔らかいと言われているとうもろこし原料の「ハインツ ホワイトビネガー」を使用しました。過去には「すし酢」も使ってみたのですが何ら問題ありません。あと砂糖の代わりに蜂蜜シロップを使ってますので、とても自然な甘さになります。保存ビンは定番の「WECK」ですね。

経験的なコツを紹介しましょう。
◆保存ビンに切った野菜を詰めるとき、隙間なくぎちぎちに詰め込むことです。そうしないと、野菜が浮いてきてきっちりと全体が漬かりません。

生野菜をバリバリ食べることも嫌いだし。コレなら健康だ何だと気にせずに3食少しづつ飽きずに食べられるスグレモノなんです。

コーヒー豆 通販 いつもコーヒー

|

« 味を犠牲にしてでも保温性能を取るか多少冷めても味を取るか | トップページ | June Bride(Coffee Of Congratulations) »

LIFE/FOODS」カテゴリの記事

コメント

相変らず、写真の撮り方が上手ですね。

素人の域を超えています。(失礼プロだったのかもしれません。)

今度、撮影のコツ教えてください。

投稿: 高橋 | 2010.06.08 08:00

高橋さん
ありがとうございます。気をつけていることは「ぐっと迫って撮る」と「良い表情がでそうなアングルを見つける」ぐらいです。高橋さんのように建築写真だとものが大きいだけに撮影条件が厳しそうです。

投稿: 管理人 | 2010.06.13 06:32

ぐっ!!と迫ってよい表情ですね!!
やってみます。
建築写真どうしても、全体を撮ろうとするのですが、案外端が切れている写真の方が良かったりするので、「ぐっと迫って、良い表情」に心掛けます。 ありがとうございます。

投稿: 高橋 | 2010.06.14 08:56

高橋さん
小物だと全体を入れて撮ることは少ないですが、建築だと全体は必須ですよね。全体写真と部分写真ははっきりと分けて撮ったほうが良いし、資料作る場合も出来れば全体と部分の複数構成が良いかも。全体写真もきっと良いアングルがあるはずです。

投稿: 管理人 | 2010.06.14 09:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 味を犠牲にしてでも保温性能を取るか多少冷めても味を取るか | トップページ | June Bride(Coffee Of Congratulations) »