« 雪のバス停で | トップページ | 北海道の節分は落花生で決める »

2011.02.01

コーヒーの神様はいるのか?

年末に『トイレの神様』という歌がはやりましたが、『コーヒーの神様』はいるのでしょうか?

トイレ~の歌詞をそのまま受け取るとコーヒーの神様は焙煎室にいたりするでしょうか?焙煎室をピカピカにきれいにすると神様が降りてくるでしょうか?

イタリアンロースト

上の写真はエスプレッソブレンドの試作品。真っ黒でしょ。一般的には「イタリアンロースト」と言われて一番焙煎度合いを深くしたものです。

「イタリアンロースト」はエスプレッソの豆として使われていますが、エスプレッソを飲むからといって焙煎度合いを「イタリアンロースト」にする必要はありません。エスプレッソ発祥地イタリアの北地方では「中煎り」が使われているし、南では「イタリアンロースト」が使われています。

最近の世界のエスプレッソ業界の流れからすると「中煎り」です。それもシングルオリジンといってブレンドしていない豆を使います。コーヒー豆そのものが持っているポテンシャルを最大限に引き出そうという流れですね。

コーヒーは深く焙煎するほど香味の範囲が狭くなり収束の方向に向かいます。逆に中煎り程度に抑えることで豆が本来持っている「個性の引き出し」が多くなり焙煎次第でそれを引っ張り出すチャンスもまた多くなります。コーヒーを一種のフルーツとして考えると深く煎るほど香味をそぎ落として「個性の引き出し」を少なくしているとも言えます。

ただ、そぎ落とされた「引き出し」の少ないコーヒーが自分にあっているという方も大勢います。あくまで嗜好品ですからね。

エスプレッソブレンドを2種現在作ってますがまだ神様は降臨していません~。

『焙煎室にはそれはそれは美味しいコーヒーの神様がいるんやで
だから毎日キレイにしたら神様みたいに美味しいコーヒー出来んるやで~』

とコーヒーの神様からの素敵なはからいがあると信じてきれいに掃除しますか。。。

いやいや「コーヒーLOVE注入」のほうが効果あり?

コーヒー豆 通販 いつもコーヒー

 

|

« 雪のバス停で | トップページ | 北海道の節分は落花生で決める »

エスプレッソ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雪のバス停で | トップページ | 北海道の節分は落花生で決める »