« 初雪です | トップページ | 新豆マンデリンスーパーグレードが入荷しました »

2011.11.17

キムタクの「完成品をイメージする」とは

昨日の初雪に続き、今朝は10cm程度が積もりました。いよいよ冬本番です。
たまたま家にあったSMAPの料理本ビストロスマップにコーヒーローストにも通じるとても良い説明がありました。

アイドルだからとばかにして、ちら見で流していましたが結構いいこと書いています。

ビストロスマップ

印象に残った言葉はキムタクの一節です。

完成品を想像すれば気持ちが料理に向きやすくなる

具体的には次のようなことを考えるそうです。

■完成品をイメージする

■この皿に盛り付けしようとイメージする

このイメージを膨らませることで調理の手際が良くなると。

完成品のイメージ

 ・・・こんな材料を使って味付けはこんな風に。。。

盛り付けイメージ

 ・・・煮付けた魚をここに乗せ、付け合せは。。。

なるほどプロの料理人なら皆やっていることかも知れませんね。

ローストマスターもコーヒーのローストする際に似たように完成品をイメージしてるんですよ。

例えばフレンチローストのマンデリンをローストするなら・・・

-最終的な釜出しはコーヒーオイルでしっかりと覆われていて黒々としていて、強い味にアジアを感じさせる魅惑的な香りを出す。-

というようなことをイメージします。

キムタクが言う皿というのはコーヒーなら「コーヒーカップ」ということになると思いますが、さすがに「この皿に盛り付け・・・」まではイメージしていなかったですね。

当然味のイメージ作りにはカップに入ったコーヒーを飲んだときの味をイメージしますが、どんなカップを使ってとまではイメージしていませんでした。漠然と空中に浮いたような味だけをイメージしている感じです。

コーヒーカップまでをイメージするとしたらこんな感じでしょうか。

-(同じくフレンチローストのマンデリンなら)陶器のカップで内側が白地、厚手広口。8分目の量を入れる。そのコーヒーは低めのお湯の温度でゆっくりと抽出された後、鍋で再加熱して熱々でカップに注ぐ。そして時期は秋冬-

そこまでイメージすると完璧??

使う皿までイメージする点はキムタクを見習うべきと実感しました。料理とコーヒーローストは共通点が多く色々な発見があります。とても参考になりました。

---

ナイスカットミル送料無料キャンペーンを実施中です。ぜひご体験ください。

Top_3anniversary

|

« 初雪です | トップページ | 新豆マンデリンスーパーグレードが入荷しました »

コーヒーライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初雪です | トップページ | 新豆マンデリンスーパーグレードが入荷しました »