« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013.02.27

ホワイトデー・クッキーギフトのお知らせ

連日の降雪に体が悲鳴を上げています。札幌の累積降雪量も512cmを超えたそうです。
さて、先月のバレンタインデーのチョコ&コーヒーセットは完売となりました。ありがとうございます。
3月はホワイトデーですね。《いつもコーヒー》では写真のようなホワイトデー・クッキーギフトを用意しましたのでぜひご利用ください。

ホワイトデー・クッキーギフト
コーヒーはカップオブエクセレンス品評会で入賞「ルワンダ・キブンブウェ農園」。ローストは特別な「ホワイトデーロースト」となります。
クッキーと合わせて調度良い中煎りから若干深目にいたしますのでご期待ください。

| | コメント (0)

2013.02.22

コーヒーノートのプレゼント企画があります

コーヒーノートのプレゼントのお知らせです。

当店のコーヒーを販売していただいている「ケーキハウスアルディ」さんで200gコーヒーをお買い上げ頂くとプレゼントしています。

数量限定、色はご指定いただけないことご注意ください。

コーヒーノート

| | コメント (0)

2013.02.21

ハンドメイド・コーヒーノートにカラータイプ追加しました

札幌の積雪がうなぎ上りに増えています。今朝20cmは積もったと思います。

札幌では8年ぶりの積雪量とか。8年前の雪のことは忘れてしまいましたが、感覚的な記憶は残っています。例えばこれまで最高で窓枠の中間まで雪が積もったとか、除雪でこの木の太い枝までは積もったとかの記憶。これまでことごとく突破してきました。

直接的に影響があるのが札幌市内の車での移動です。ちょっとした移動でも大渋滞に巻き込まれます。1日に2回市内に行くだけで4時間はかかってしまいます。4時間ですよ。市内を営業車に乗って活動している営業マンは実労が少なくなって困っていることと思います。

さて、そんな北海道札幌の様子は置いといて。

前回のブログで紹介した「ハンドメイド・コーヒーノート」のカラータイプに「ベージュ(麻袋の風合い)」が加わりました。

Notecircle

上の写真の通り紙質がでこぼこしています。同じノートでも見た目ですが高級感がある?かのように見えます。

これでカラータイプはブラウン、ベージュ、ベージュ(麻袋の風合い)の3種類となりました。

Blgdsc_3675

いつもコーヒーのネットショップで販売もしていますのでご覧になってみてください。

| | コメント (0)

2013.02.19

本質的な良いコーヒーの基準とは?

久々にカテゴリ「焙煎は調理だ!」について書きますよ。

coffee roasting

coffee roasting By c4lin

この記事では《いつもコーヒー》のローストマスターとしての品質宣言というより、明確な言葉で「本質的な良いコーヒーの基準」を定義します。そのことで日常的に《いつもコーヒー》が考えていることや目指していることを整理していこうと思います。

ちょっと青臭い内容かも知れません。

基準の違い

「本質的な良いコーヒーの基準」という言葉はおそらく初めて使うと思いますが、カッピング基準との違いを説明しましょう。そもそも意味合いがまったく違います。

■「SCAAなどのカッピング基準」

均一なロースト基準によって出来上がったコーヒーを評価する基準。

■「本質的な良いコーヒーの基準」

ロースターなどが目指す目標や信念に基づく良いコーヒーの基準。 

つまり「本質的な良いコーヒーの基準」はロースター自身にあると言えます。

生豆とロースト豆の品質評価

当店を含めたロースターは単に生豆の品質の良さだけでなくローストされた最終商品のコーヒー豆の品質をアピールすべきと考えています。

ここ10年で生豆の品質の良さを評価する「カッピング」の精度はプロの間でも飛躍的に高まり、自家焙煎店では顧客教育としてアマチュア(カスタマー)さえも巻き込んで盛んに行われています。 パブリック・カッピングと称しているようです。

カッピングによる評価は2段階に分けられます。

■生豆の段階での品質評価

生豆の輸入者やロースターが実施して採用の可否を決める評価。

大量のサンプルから品質の良いものを選択する評価とも言えます。

■商品としてのロースターの品質評価

ロースター自身の手によって焙煎したコーヒー豆への評価。

「本質的な良いコーヒーの基準」は上記の”商品としてのロースターの品質評価”の範疇に入ります。

評価基準の使い分け

一般的に上記の2つはいずれも通常はSCAA基準で実施しますが目的により使い分けします。

ロースター自身が持つ「本質的な良いコーヒーの基準」は一般的なカッピング基準とは違い、よりコーヒーを俯瞰して見るシンプルな考え方です。

日常的に「本質的な良いコーヒーの基準」に沿っているかチェックするには点数評価など複雑なことはしません。ただし、様々な抽出方法で実施します。

基本はペーパー抽出でハンドドリップ、マシンドリップ。金属フィルターによるプレス。などで実施します。

では「本質的な良いコーヒーの基準」とは?

当店の目標だったり信念に基づく良いコーヒーですから将来的に変化していくはずですがご紹介します。

1.余力のあるコーヒー

標準的なグラム数で淹れて美味しく普通にいただけるが、

さらに増量しても苦くならず濃厚で粘りが強くなり香りが増す。

お客様にとっては抽出の幅が増えるメリットがある。

2.クリーン(雑味のない)コーヒー

当たり前の品質。コーヒーの風味を壊す余計な味は不要。

3.苦味の質

基本的に苦味は強くないが、苦く感じてもさーっと途端に消えて行く。

感覚的にはリキュールを舐めたときのよう。

4.冷めてからの質

味の劣化が少なく苦味が強くなったり酸味が強くなったりしないこと。

冷めてからはほんのり甘く感じられるとベスト。

完全ではないが結論

《いつもコーヒー》が考えている「本質的な良いコーヒー」を4点列挙しましたが、この記事を読む皆様はどのように感じるでしょうか?

私ならこれを加えるなど色々とあるでしょう。

ローストマスターとしては、アレもコレもではない限定した4点です。さらにこの4点は《いつもコーヒー》の特徴として近い将来皆様にアピール出来るようにして行こうと思います。

| | コメント (0)

2013.02.17

ハンドメイド・コーヒーノートのご紹介

バレンタインデーも終わりましたね。

それにしても最近のチョコレートは海外から入ったものも含めお高いチョコが勢ぞろいですね。2極化しているとも聞きますが高級品志向が高まっているのでしょうか?

コーヒーノート

時代はカカオと砂糖だけで作られたチョコそのものの味を競うというのではなく、チョコとフィリングと言われる詰め物の組み合わせで新しい食感や味の発見へと移行しているように見えます。

ま、素人目から見てのことですけどね。

ローストマスターからするともっとチョコそのものの研究に徹してカロリーが低く体にも優しいチョコが出てほしいと感じます。

さて《いつもコーヒー》オリジナルのハンドメイド・コーヒーノートが完成し発売となりました。

コーヒーノート

ローストマスターは焙煎時に大事なデータを記録しています。そのほか新入荷を決定するためのテースティング結果だったり、出荷内容だったりとノートに書かれる内容は様々。

そんな記録を取る為のノートからローストマスターも使えてさらにコーヒーに興味のある方へ向けたノートが作れないかと考えて紙作家さんに製作をお願いし、一つ一つミシン掛けで縫った心のこもったノートになりました。

表紙のマークは当店《いつもコーヒー》の英語ロゴになります。裏にはローストマスターの2つの言葉が書かれています。それはご購入いただいてからのお楽しみということで。。。

中身は「書籍用紙」という 手触りのあるクリーム色の紙を使っています。

コーヒーに関する日記もよし、単なるメモも良しと使い方はあなた次第です。

ぜひ手にとって使ってみてください。

| | コメント (0)

2013.02.15

2012年下期コーヒー本総括(カフェインテリア・デザイン編

カフェインテリア・デザイン編になります。

この編には読みたい本が続出してきます。特に気になるのは入川ひでと(いりかわ・ひでと)さんの「カフェが街をつくる」ですね。

それから「シンプルなこだわりがいきるサンフランシスコの店づくり」。早速購入しました。

カフェインテリア・デザイン編

かわいい雑貨店とカフェのデザイン

カフェを始めたい!  私らしいお店のつくり方 (日経BPムック)

カフェみたいな暮らしを楽しむ本 (学研インテリアムック)

カフェが街をつくる

 

入川ひでと(いりかわ・ひでと)さんの本です。

この記事の後ろに目次をいれておきます。

今回の調べでもっとも興味ある本です。早速amazonで・・・

スイーツショップ&コーヒーショップのデザイン --シンプルなこだわりがいきるサンフランシスコの店づくり-

これも気になっています。サンフランシスコですが自家焙煎店の紹介もあります。

カフェ&ナチュラル素材集 (Topping Parts Book)

これはCD付きのデータ集です。

素敵な雑貨カフェ―雑貨ショッピングと快適カフェタイムを同時に楽しむ (Grafis Mook BAG in GUIDE)

----------「カフェが街をつくる」目次------------

はじめに

第1章 人を読む、街を読む

カフェづくりは街づくり
 まずは徹底した観察
 地域に合うようにカスタマイズ
 スタイル分析

僕たちの集客・接客
 僕たちのアピール方法
 同じ目線になる

コミュニティ・ハブとローカル・サポート
 コミュニティの拠点になる
 街と繋がるローカル・サポート
 生活を豊かにするカフェ

第2章 カフェをビジネスにする

カフェのバランスシート

カフェを使ったリアルマーケティング

お店のデザインは心地よさがポイント
 機能とデザインのバランスが重要

カフェビジネスを志す人へ伝えたいこと
 何をしたくてカフェを開くのかを考える

スタッフのマネジメント

第3章 その場所の新しい価値を見出す

カフェづくりの原点
 はじめてのニューヨーク
 ラウス・カンパニーのソリューション
 ニューヨークの7Aカフェ
 ニューヨーク もうひとつの体験

開発の限界と新しい視点
 デザイン住宅と街のコミュニティ
 地域の歴史と文化を大切にする

10坪15席のカフェが成功した秘密
 WIRED CAFE・・・コンセプトはサブカルチャー
 その土地の記憶を残す
 キャットストリートでの10年

第4章 話題のカフェはこうつくられた

カフェが展示会や発表の場となる
 Planet 3rd・・・昼と夜で客層の変わる店

歴史の面影を残したカフェ
 CAFÉ 246・・・テーマ型のブック&カフェ

住宅地にあった倉庫をカフェへと再利用
 SAN BAN CHO CAFE・・・倉庫ビルがカフェ付きオフィスに

「食材」「リサイクル」「ローカル・サポート」
 Royal Garden Cafe・・・ロイヤルグループのフラッグシップ

カルチャー・オブ・リビング
 ARK HiLLS CAFE・・・日本一見識の高い人の住む場所

子ども連れからお年寄りまで気軽に集まれる場所
 CAFE PARK・・・恵比寿にできた公園

日本最大級のカフェ
 CAFE;HAUS・・・原っぱに現れた巨大なカフェ
 豊洲の持つ可能性
 見えない声を聞く
 企業と究極のコラボレーション

第5章 カフェが街をつくる

アイディアは遊びの中に
 遊ぶことで時代のトレンドをつかむ
 歴史や文化も学べ

愛され続けること
 教えることで広がるカフェのDNA
 街づくりに欠かせないもの
 カフェのビジネスであり、街づくりでもある

街とともに育つカフェ
 カフェ以外でのチャレンジ
 リゾートをプロデュース
 街おこしとカフェ
 コミュニティ能力は日本人のよさではないか
 カフェは文化である

巻末付録

目指せ! カフェオーナーへの10のステップ

おわりに

著者プロフィール

入川ひでと(いりかわ・ひでと)
1957 年神戸生まれ。株式会社ダイエーにて新規出店業務を経て、2001年コミュニティ&ストアーズ(現カフェ・カンパニー株式会社)を楠本修二郎氏(現代表取 締役)と共に創業。Wired Caféを立ち上げる。2005 年に入川スタイル研究所、2007 年に入川スタイル&ホールディングスを設立。事業開発から業態開発、街づくりや企業のブランディングのほか、教育や出版業務など、手がける仕事は多岐にわ たる。

| | コメント (0)

2013.02.09

《バレンタインチョコとコーヒー in WECK》は本日締め切りとなります

WECKのガラスジャーの《バレンタインチョコとコーヒー in WECK》は2月9日が受付締め切りとなります。

バレンタインチョコとコーヒー in WECK

《バレンタインチョコとコーヒー in WECK》

セットの内容は

■バレンタインチョコ【カメオ】

名作『ロミオとジュリエット』をモチーフとしたガナッシュ入りの芸術的なレリーフチョコレートです。一点ずつ丁寧に色付けし、丹精を込めて作られていますので表情はすべて違っております。

Valentinesetcameo3

■コーヒー100gを3種類から選択

 今年は「ハワイ島カウ地区カウコーヒーミル農園」が加わりました!!

■ドイツWECK社製のガラス瓶に詰め合わせます

■バレンタインカード(ご希望によりメッセージを入れられます)

■ラッピングは透明シートとリボンとなります

商品の詳細は《バレンタインチョコとコーヒー in WECK》でご確認ください。

最終受付は2月9日(土)となりますのでご注意ください。

------------

2月10日、11日はイベントへの参加のためロースト業務はお休みさせていただきます。

宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2013.02.08

2012年下期コーヒー本総括(街カフェ編

それでは街カフェ編をご紹介します。

街カフェ編

三軒茶屋・駒沢カフェ―ハイトレンドから下町風情へのグラデーション (Grafis Mook Cafe.mag)

京都の夜カフェ88 (Leaf MOOK)

休日のカフェめぐり大阪

ソウルでみつけたかわいいお店―雑貨・カフェ・スイーツ・おみやげ…

二子玉川カフェ―緑豊かなフィールドで各国のカフェ文化に触れる (Grafis Mook Cafe.mag) 本の画像なし

鹿児島カフェ散歩

埼玉すてきなカフェさんぽ

前橋・高崎・桐生 とってもすてきなカフェ

大阪すてきなカフェさんぽ

TOKYOブックカフェ紀行 (TOKYO INTELLIGENT TRIP 04)

東京カフェブック 2013 (SEIBIDO MOOK)

東京カフェ散歩 観光と日常 (祥伝社黄金文庫)

ガーデン&テラスカフェ―「海」「山」「街」のさわやかなカフェスペースへご案 (Grafis Mook BAG in GUIDE)

本の画像なし

横浜・鎌倉カフェブック 2013ー14 (SEIBIDO MOOK)

juego(フーゴ)Vol.5

沖縄のグルメ、ショッピング、ビューティー、観光・体験、イベント情報など盛り沢山の内容です。

福岡カフェ散歩

| | コメント (0)

2013.02.07

2012年下期コーヒー本総括(コーヒー編

前回は2012年上期に販売されたコーヒー関連の書籍をご紹介しましたので、今回は下期となります。

数が多いので今回も3編に分けてご紹介します。

焙煎直接関連する本はありませんが関口一郎さんの本が2冊ありますので必ず焙煎に関係する記載は何かしらあるものと思います。

コーヒー編

改訂新版 決定版お茶大図鑑―カフェ・喫茶店開業に役立つ (主婦の友新実用BOOKS)

種のお茶とコーヒーの特徴や淹れ方、楽しみ方を、わかりやすく紹介。
おいしくお茶を楽しみたい、茶葉のことを深く知りたいと考える初心者から中級者に向け、200種類もの茶葉を解説した。

スーパー・バリスタ・ブック vol.3 人気コーヒー店のバリスタ育成法 (旭屋出版MOOK)

はじめてのコーヒー

おいしい珈琲を自宅で淹れる本

銀座で珈琲50年―カフェ・ド・ランブル

珈琲辛口談義―カフェ・ド・ランブル

コーヒーの森の民族生態誌―エチオピア南西部高地森林域における人と自然の関係 (京都大学アフリカ研究シリーズ)

| | コメント (0)

2013.02.06

NORTH LIFE MARKET vol.1NORTH 1へ出店します

当店《いつもコーヒー》は2月11日FMノースウェーブ主催の《NORTH LIFE MARKET》へ出店いたします。

Market

その場でドリップしたカップコーヒーの販売と2種類ほどのコーヒー販売をいたしますので宜しくお願いいたします。

今年はFMノースウェーブ開局20周年記念ということですので様々なイベントを企画しているようです。

《NORTH LIFE MARKET》
北海道で暮らす人々が作り出す<北海道発>のステキなもの、

そして音楽をノースウェーブが厳選してご紹介!

私たちが日々暮らすこの北海道の素晴らしさを再発見して、

シアワセであったか~い気分になれる一日限りの道産マーケットです。

さっぽろ雪まつりの最終日、お出かけついでにぜひお立ち寄りください!

とき:2月11日(月・祝) 10:00~15:00 入場無料

ところ:KRAPSKRAPSHALL(札幌市中央区南4西6 タイムズステーション札幌1F))

 

 

| | コメント (0)

コーヒー占い

バレンタインが近いせいでしょうか?今朝はハート型に残ってくれました。
Blgdsc_3654
トルコのコーヒー占いが始まりと言われていて世界各地の占い方法があります。トルココーヒーでは飲み終わった後にカップをひっくり返して残った粉の形で占うのだそうです。

偶然とは言え綺麗に形が残る場合があるんですね。
何か良いことあるのでは・・・なんて期待してしまうけど今日は胸にしまっておこう。

| | コメント (0)

2013.02.05

バレンタインブレンドの出荷がはじまりました

ここ数日は東京方面では気温が高くなり春らしくなっているようですね。
厳寒の北海道ではそんなゆるい状況にはありません。

さてバレンタインデーまで10日程となりましたが、当店で販売中の《バレンタインブレンド2013》も出荷を開始しています。

Dsc_3640blgコーヒー200g単品では写真のように麻紐でタグをお付けいたします。

Dsc_3621blgご要望により100g単位でテトラ型のラッピングも承りますのでご注文時の備考欄にお伝えください。宅急便で発送する関係から大量に積み重ねたりできませんが、なるべくテトラの形が崩れないよう工夫して発送いたします。

Dsc_3651blg
最後の写真は【バレンタインチョコとコーヒー in WECK】となります。
チョコは【カメオ】となります。名作『ロミオとジュリエット』をモチーフとしたガナッシュ入りの芸術的なレリーフチョコレートです。一点ずつ丁寧に色付けし、丹精を込めて作られていますので表情はすべて違っております。

Valentinesetcameo3

この【バレンタインチョコとコーヒー in WECK】については数量限定で販売しています。
残りわずかとなっていますのでお早めにチェックお願いいたします。

| | コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »