« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013.06.27

アイスコーヒーの鉄板レシピその2

前回の記事「鉄板レシピ」では定量的な目安が無いものでしたので少し正確にレシピとして掲載します。

当店の「アイスコーヒーブレンド」を使用することを前提としていますが他店のコーヒーでも同じようにできると思います。

特徴:
当店のアイスコーヒーブレンドはアラビカ種100%の豆を使用し、ローストの火力、排気、時間など通常の豆とは異なる方法で深いコクを得ています。極深煎りでローストしていますので粉のサイズ、ドリップ時間など普段通りのドリップ方法で淹れていただくだけで濃厚なコーヒーが出来上がります。

22205578

アイスコーヒーの作り方:
アイスコーヒー作りのコツは濃い目に入れることと急速に冷やすことです。粉は通常抽出の2倍を使用し、急速に冷やすことで濁りのない綺麗な出色ですっきりとしたアイスコーヒーになります。
氷の上に直接コーヒー液をドリップ抽出する方法もありますが、抽出の時間によって出来上がりの濃度にブレが起きやすいので一旦抽出したコーヒーを氷で一気に冷却する方法をご紹介します。

Icedcoffeeresipi

急冷用ボールにたっぷりの氷を入れて冷却の準備をします。保存用ポットも用意しましょう。
1)コーヒー液の抽出
参考レシピの量に沿って通常通りにペーパードリップでサーバーに抽出します。お湯の温度は高目(90℃程度)にすると苦味が強くなり、低目(80℃程度)だと柔らかくなります。
※粉のサイズはペーパードリップ用、ドリップ時間は普段通りです。
2)コーヒーを一気に冷却
抽出したコーヒー液を急冷用ボールに入れた氷へ一気に注いで冷却します。冷却を進めるため手早く15秒程度攪拌します。時間を置かずに氷を除いたコーヒー液だけを保存用ポットに移します。コーヒー液は氷が解けた分だけ増え約2倍の液量になります。
3)出来上がり
冷却に使用した氷をグラスに戻し入れ、コーヒー液を注いで出来上がりです。コーヒーミルクやガムシロップを入れても良いです。余ったコーヒー液は保存用ポットごと冷蔵庫で冷やしておけば3,4日は風味が抜けません。

■多めに作ったほうが粉の量が少なくて済みますのでお薦めします。
■急冷用の氷はコンビニの氷が風味・色合いともに綺麗に仕上がります。

FMノースウェーブアニバーサリーブレンド

いつもコーヒー便り

| | コメント (0)

2013.06.25

「いつもコーヒー便り」を公開しました。

6月も後半となり一気に北海道の夏を感じています。

寒さを心配していたヨサコイ祭りも開けてみれば例年通りの熱い・熱い祭りとなったようです。

いつもコーヒー便り

さて、当店で毎月発行している「いつもコーヒー便り」、コーヒーご購入頂いたお客様にもれなく同封しております。

毎月楽しみにしている方もチラホラいますよ!

ローストマスターがコーヒーの事や私事など締め切り間近になると「うんうん唸って、時々雄たけびを上げ、そしてコーヒーをがぶ飲みし」毎月書き下ろしています。

今月6月でもう20号になります。

HPの次の画像をクリックしていただくと過去の文章を全てみることができますので興味のある方は覗いてみてください。

 

なお、公開する便りはテキストを抜き出した形の構成となっていますので、本物の便りとは異なることをご了承願います。

FMノースウェーブアニバーサリーブレンド

いつもコーヒー便り

| | コメント (0)

2013.06.10

最近よく来る農園ツアーの案内

ここのところたて続けに「コーヒー農園ツアーの案内」が届いた。

東チモールツアー

ちょっと前はブラジル、今回は東チモール。

もちろん主催はコーヒー生豆を扱っている商社やNPOだったり様々。

このようなツアーが出るということは国内情勢が安定していることと思うが、いつも訪れる国の治安が不安になる。

外務省の海外安全ホームページを見ると。

Photo

西チモールとの国境地帯は「渡航の是非を検討・・・」。少し不安な内容があるが。。。ツアーの安全を祈願したい。

今回のインドネシアとオーストラリアのちょうど中間点のチモール島東チモールへの農園へのツアーはちょっとびっくりと言うか面白いというか。。。

宿泊の全部ではないが現地農家に宿泊すること。その際に寝袋が必要とのこと。

また、農家泊時の食事は自分たちで自炊するとのこと。

なかなかワイルドなツアーなようだが、通常コーヒー農園が広がるところにはホテルなんぞは無いのだ。

---
2013年(平成25年)の父の日は6月16日です。いつもコーヒーの「父の日のプレゼント」にはブレンド・パードレ、焼き菓子セットなどをご用意しています。

父の日ギフト

| | コメント (0)

2013.06.09

アイスコーヒーの鉄板レシピ

北海道にも初夏がやってきました。きりりと冷やしたアイスコーヒーが美味しい季節です。

 

アイスコーヒー

ペーパードリップ抽出アイスコーヒーの鉄板と言えるの「鉄則レシピ」をご紹介しましょう。

アイスコーヒーレシピ

■深煎りの豆を用意しましょう

アイスコーヒーは冷やして飲むものです。人間の味覚としては味がより強く出ていたほうが美味しさを感じます。

■抽出は濃い目に作りましょう

およそ2倍の濃度で抽出します。粉を2倍にすると良いです。粉のサイズは普段通りのペーパー用でOKです。

■急激に冷やしましょう

サーバーに氷を入れておいてそこにコーヒー液を抽出することで急激に冷やす方法もありますが、抽出時の温度環境に大きく依存して一定の濃度を出すのが難しくなります。1杯、2杯分ならまだしも大量に作り置きしたい場合の失敗は目が当たられません。

そこでお勧めなのが一旦2倍の濃度でホットと同じく抽出してしまい、その後アイス用のグラスにたっぷりの氷を入れて飲むスタイルをお勧めしています。

市販されている1Lパックなどは真っ黒な液体コーヒーですが、ドリップして急冷して出来上がったコーヒーは見た目の透明感によらずしっかりとした味に仕上がります。

大量に作った場合は一度抽出したコーヒーを氷をはったボールに入れて粗熱を取り、その後冷蔵庫で冷やします。熱いコーヒーをそのまま冷蔵庫に入れて時間をかけて寝かせると風味が弱くなります。

※当店でもアイスコーヒーブレンドを販売しています。

当店の特徴は「豆の種類をアラビカ種100%」に限定してブレンドしていることです。缶コーヒーに使われるロブスタ種を使う場合もあるようです。当店では通常の焙煎とは異なる方法で焙煎することで強い味のアイスコーヒーブレンドを製造しています。

22205578

ブレンド内容はケニアベースとし、爽快感を残しつつ濃厚でキレの良い飲み口となっています。

---
2013年(平成25年)の父の日は6月16日です。いつもコーヒーの「父の日のプレゼント」にはブレンド・パードレ、焼き菓子セットなどをご用意しています。

父の日ギフト

| | コメント (2)

2013.06.05

今年のグスベリの収穫は・・・

一昨年から苗木で買ってきて育てている「グスベリ」。

「グスベリ」をネットで引くと北海道弁とのこと。正式な名称は「GooseBerry」グーズベリー。

グーズベリー

グーズベリーの実

※赤い実の写真は「果物ナビ」より,http://www.kudamononavi.com/

スペルgooseからすると鳥と関係する予感がしますが、アヒルや鶏肉などのソースにするとおいしいので、グーズベリー(gooseberry)という名前がついているそうです。

なぜにグスベリなど植えたかというと子供の頃には良く食べた記憶があるからです。

そう、今の歳になってグスベリの味の記憶をよみがえらせたかったのです。

当時は何処の家でも庭木として植えていたんですね。おやつ代わりにつまんで食べていたと思います。

緑の実は酸っぱくてどうにもならないのですが、徐々に赤くなっていったものは実も柔らかく甘くなっていました。

グスベリの木には棘(とげ)があって実が取りにくくなっているのですが手や腕を傷だらけにして夢中になって取っていたんですね。懐かしい夏休みの思い出です。

今年は収穫できます様に。

---
2013年(平成25年)の父の日は6月16日です。いつもコーヒーの「父の日のプレゼント」にはブレンド・パードレ、焼き菓子セットなどをご用意しています。

父の日ギフト

 

| | コメント (0)

2013.06.03

コーヒーノキその後

最近コーヒーノキの葉の色が悪く、元気が無くなってきたので大きな鉢に変更してあげました。

コーヒーノキ

見ての通り2,3日すると「みずみずしい」新芽が出始めてきましたので、これから気温がどんどん高くなるので成長が楽しみです。

ハワイ島カウ地区で見たコーヒーノキのみずみずしさは忘れられないな~。もう葉から水がしたたり落ちてくるくらい生きが良かった

そういえばこの「コーヒーノキ」は2009年から育てはじめているので4年になります。

コーヒーの実がなるのが一般的には4,5年です。

そろそろと期待はしているのですが・・・写真では分からないのですが幹が細くて弱弱しいのです。人間で言ったら「胃腸が弱くて太れない」状況なのかなと思われます。

高級な栄養剤を買ってきてあげようと思います。

過去のコーヒーノキの生育状況は以下より見れます。

2009/09/15 コーヒーの木を育てる

2010/01/15 コーヒーの木、元気です

2011/07/07コーヒーノキ元気です

---
2013年(平成25年)の父の日は6月16日です。いつもコーヒーの「父の日のプレゼント」にはブレンド・パードレ、焼き菓子セットなどをご用意しています。

父の日ギフト

 

| | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »