« 「いつもコーヒー便り」7月号を公開しました | トップページ | アイスシェケラートが初のお目見えしました »

2013.07.05

ステンレスのドリップケトルの洗浄方法

我が家で活躍しているハリオのドリップケトルは365日使わない日は無いというくらい使っています。コーヒーを淹れるための湯沸しはもちろんカップラーメンやお茶などにも。

ハリオのドリップケトル

ケトルは我が家ではガスコンロの周りに置かれています。ですのでケトル自体お湯を沸かすだけなので汚れを出すことはないのですが、外側には調理時の油がはねて付着したり調理の際にフライパンから物が飛び出してケトルと衝突したりとけっこう過酷な状況にあります。

さらに汚れが付いた状態でお湯を沸かすのでこびり付いてしまい、洗浄しても中々汚れが綺麗に取れません。

そこで今回はハリオの「VKB-100HSV」に限った外側の洗浄方法をご紹介します。

同じステンレスでも鏡面のように加工された製品ではこすり傷がついて取り返しの付かないことになる可能性があるのでやらない方が無難と思われます。

「VKB-100HSV」は表面金属が横方向に流れているようなものになっています。

用意するのはアルミ箔です。

ケトルとアルミ箔をぬらして汚れのある箇所を横方向に擦ります。しばらくすると金属同士が擦れるせいで黒いドロドロとした汚れが出てきます。

と同時にケトルに付着した汚れもアルミに擦られて落ちています。

※縦方向に強く擦るともしかして傷となって残る可能性があるのでやらないのが無難です。

かなり強い付着物も綺麗に取れますのでお試しください。

綺麗に汚れが落ちたポットでお湯を沸かし、ドリップすると格段と気持ちがいいですね。お湯もスーッと出て上手にいれることができました。

FMノースウェーブアニバーサリーブレンド

いつもコーヒー便り


|

« 「いつもコーヒー便り」7月号を公開しました | トップページ | アイスシェケラートが初のお目見えしました »

コーヒーライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「いつもコーヒー便り」7月号を公開しました | トップページ | アイスシェケラートが初のお目見えしました »